病棟

大和病院病棟の看護の特徴

  1. 在宅での住民の生活を支えます。
    病院から自宅(地域)へのスムーズな退院のために、患者さまおよび家族さまを中心に病棟スタッフと地域医療部スタッフ、リハビリスタッフで連携をして退院支援を進めています。
  2. 認知症のある方や高齢の患者さまの「尊厳」を守り、「生きる」を支える関わりを進めています。
  3. 退院調整への介入を看護師が積極的に行っています。
    病棟看護師1人ひとりが、退院に向けての調整役となり、入院時から退院を意識した働きかけやケアを進めています。
  4. 医師を含めた院内の専門職と連携を取り、定期的なカンファレンスでの意見交換や情報の共有を行い、個別性のあるケアを提供しています。

看護部の魅力

患者さまの病状や治療方針など方向性を統一するために、定期的に医師・看護師・リハビリスタッフ等でカンファレンスをしています。退院調整では、ケアマネージャー、福祉サービス事業所の方々との情報交換などで幅広い経験ができ、やりがいを感じています。スタッフ間のコミュニケーションも良く、日々楽しく仕事をしています。

取り組み紹介

病棟では現在週2回、歯科医・歯科衛生士・栄養士・言語聴覚士・看護師で嚥下評価(飲み込み状態の評価)を実施しています。その人に合った食事形態・機能を評価し、食べ方を介助・指導し、誤嚥性肺炎の予防に努めています。